Pros and Cons of Audio Mixing with Headphones

ヘッドフォンによるオーディオミキシングの長所と短所

 ヘッドフォンでミキシングする

 導入

オーディオミキシングに関して、重要な側面の 1 つはモニタリング システムの選択です。伝統的にスタジオモニターがこの作業の主なツールでしたが、多くのレコーディングエンジニアも高品質のヘッドフォンをワークフローに組み込み始めています。このブログ記事では、スタジオで曲を制作するレコーディング エンジニアの観点から、ヘッドフォンを使用したオーディオ ミキシングの長所と短所を検討します。さらに、レコーディング エンジニアが使用する人気のハイエンド ヘッドフォンを掘り下げ、Waves Audio が提供するレコーディング ルーム モデリングやヘッドフォン モデリングのテクノロジーと製品についても触れます。

 パート 1: ヘッドフォンを使用したオーディオ ミキシングの長所


  1. 孤立と集中: 重要な利点の 1 つ ヘッドフォンでミキシングする 外部の騒音から自分を隔離する能力です。これにより、ミックスの複雑さへの集中力が高まり、微妙なディテールを聞き取り、正確な調整を行うことが可能になります。また、ヘッドフォンは部屋の音響の影響を排除し、ミックス内の欠陥を特定しやすくします。
  2. ポータブルで一貫したリスニング環境: ヘッドフォンでミキシングする 物理的空間に関係なく、一貫したリスニング環境を提供します。この可搬性により、レコーディングエンジニアは室内音響を気にすることなく、さまざまな場所でミックスすることができます。一貫した音響基準を維持できるため、ホームスタジオで作業している人や頻繁に旅行する人にとっては特に有利です。
  3. 強化されたステレオイメージング: いつ ヘッドフォンでミキシングする、ステレオイメージがより顕著になります。ドライバーが耳の近くにあるため、集中したサウンドステージが形成され、ミックス内の個々の要素の配置とパンニングを認識しやすくなります。この精度により、インストゥルメントやエフェクトを空間的に正確に配置することができます。

「分離と集中: ヘッドフォンでミキシングすることの重要な利点の 1 つは、外部ノイズから自分自身を分離できることです。」

 パート 2: ヘッドフォンによるオーディオミキシングの短所


  1. 物理的な振動の欠如: スタジオ モニターは、体全体で感じることができる物理的な振動を生成することにより、没入型のリスニング体験を提供します。この触覚は知覚の層を追加し、低周波コンテンツの理解を助けます。対照的に、ヘッドフォンを使用したミキシングにはこの物理性が欠けており、ミックス内の低音域のバランスが崩れる可能性があります。
  2. 細部の過度の強調: ヘッドフォンを使用してミキシング中に複雑な細部を聞くことができるのは良い面ですが、特定の要素を過度に強調してしまう可能性もあります。ミックスでは、ミクロの視点とマクロの視点のバランスをとることが重要です。ヘッドフォンのみを使用してミキシングすると、ミックス全体の認識が歪んでしまい、他の再生システムで聴いたときに意図しない妥協が生じる可能性があります。
  3. 室内音響の知覚が制限される: ヘッドフォンを使用してミキシングすると、リスニング環境の自然な残響と空間特性を体験できなくなります。その結果、ミックスは室内音響を持つ他のシステムに正確に変換されない可能性があります。ヘッドフォンを使用したミキシングにはこの制限があるため、スタジオ モニターや車のスピーカーなど、さまざまな再生システムでミックスを相互参照することが不可欠になります。

 パート 3: ヘッドフォンとミキシングする際のレコーディング エンジニアに人気のハイエンド ヘッドフォン


  1. ゼンハイザー HD 800 S: ゼンハイザー HD 800 S は、その並外れた透明度と緻密なサウンド再生で知られています。広いサウンドステージと正確なイメージングを備え、重要なリスニングやオーディオミキシング作業で多くのレコーディングエンジニアに愛用されています。ヘッドフォンでミキシングしています。 
  2. Audeze LCD-X: Audeze LCD-X は、ニュートラルで正確な周波数応答を提供する平面磁気ヘッドフォンです。拡張された低音レスポンスとオープンバック設計により、自然なサウンド表現が得られ、ミキシング用途に適しています。
  3. Beyerdynamic DT 1990 Pro: Beyerdynamic DT 1990 Pro は、分析的なサウンド特徴と印象的なビルド品質で知られています。正確かつ詳細なサウンドを再現するため、信頼性の高いモニタリングツールを求めるレコーディングエンジニアの間で人気の選択肢となっています。

 パート 4: ヘッドフォンとミキシングする際のレコーディングルームモデリングとヘッドフォンモデリングテクノロジー

有名なオーディオ ソフトウェア会社である Waves Audio は、ヘッドフォン ミキシングの精度を高めるためのレコーディング ルーム モデリングとヘッドフォン モデリングのソリューションを提供しています。


  1. Waves Abbey Road Studio 3: これは私が個人的にヘッドフォンでミキシングするときに使用する素晴らしいプラグインです。 Abbey Road Studio 3 は、アビイ ロード スタジオの伝説的な Studio 3 コントロール ルームの音響をエミュレートするプラグインです。ヘッドフォンとミキシングする際の室内音響の不足を補い、立体的なオーディオ環境を提供します。スタジオの音響をシミュレートすることで、より正確なミックスを実現するのに役立ちます。
  2. Waves Nx: 私も個人的にヘッドフォンでミキシングするときにこのプラグインを使用しています。 Waves Nx は、物理的な部屋のスピーカーでのミキシング体験をシミュレートする仮想モニタリング プラグインです。ヘッドトラッキングテクノロジーとバイノーラルレンダリングを組み合わせて、ヘッドフォンとのミキシング時にリアルなリスニング体験を作り出します。 Nx は、物理的なモニタリング設定の知覚を再現することで、ヘッドフォンでのミキシングに固有の制限を克服するのに役立ちます。

 ヘッドフォンのミキシングの結論

オーディオ ミキシングの世界では、ヘッドフォンは分離性、携帯性、ステレオ イメージングの強化など、数多くの利点をもたらします。ただし、物理的な振動がないことや室内音響の認識が限られているなどの欠点もあります。レコーディングエンジニアは、これらの長所と短所を認識し、各プロジェクトの特定の要件に基づいてモニタリングシステムの選択を慎重に検討することが重要です。 Waves Audio のレコーディング ルーム モデリングやヘッドフォン モデリングなどのテクノロジーを組み込むことで、エンジニアはオーディオ制作にヘッドフォンを使用する際の制限の一部を軽減し、より正確なミックスを実現できます。

デヴィッド・E・テデスキ

著者 |デヴィッド・E・テデスキ


"テクノロジーと音楽が出会う場所、そこが私を見つける場所です!」  

こんにちは、私は David E. Tedeschi です。Tedeschi Studio, LLC の誇り高いオーナーであり、誇りを持って多くの帽子をかぶるオールラウンダーです。 


私は日中、米国のデリバティブ業界の非営利自主規制組織のソフトウェア開発者です。夜になると、ミュージシャン、プロデューサー、ミックスエンジニアに変身します。


ソフトウェア開発と音楽とは別に、私はアートと起業家精神に手を出し、常に新しい道と機会を探求することに熱心です。私は創造性と革新の力を信じており、自分の仕事を通じて変化をもたらすよう努めています。